• 大槻

猫専門ペットシッターが、事前のお打ち合わせで心掛けていること3選





こんにちは。


横浜市で猫専門のペットシッターをしている西谷「ねこのお世話屋」です。


いつもご覧いただきありがとうございます。


そろそろ梅雨に入りそうですがいかがお過ごしでしょうか?




今回は、西谷「ねこのお世話屋」が事前のお打ち合わせで心掛けていることを


3つご紹介いたします。


ホームページにはすでに丁寧なカウンセリングを心がけていることは記載していますが、


より詳細に説明しますのでぜひご覧ください。








①お客様が安心してお留守番を任せられるように、


丁寧に真摯に対応しています。




2019年にLINE公式アカウントを開設してからは特に、


事前のお打ち合わせに伺うまでお客様と直接会話する機会が少なくなりました。



それはすなわち、お客様はシッターと直接会うまで「安心して任せられるか」の判断が


できないということになります。



ですので直接お目にかかれた時には、出来る限り丁寧に対応するように心掛けています。



なんといっても、猫ちゃんは大切な家族ですので、


この人になら任せられると思っていただけることが重要です。



もし自分がお客様ならどういう人になら猫達のお留守番を頼めるか?


を考えたら自然とそうなりました。


サービス業なので当たり前といえば当たり前なのですが


長くやっていると忘れがちなです。




ちなみに西谷「ねこのお世話屋」がどんな雰囲気の人間か事前にわかるように


ホームページのリンクから自己紹介動画をご覧いただけるようにしています。



なんとなくでもわかったほうがお客様も安心なのでは?と思って載せた次第です。





②事前のお打ち合わせの流れは、お客様に合わせて


適宜変えています。




前提として事前のお打ち合わせのおおまかな流れは


ご契約

ご予約日確定

代金のお預かり

鍵のお預かり

キャットカルテ作成


なのですが、これは言語化された明確な基準があるわけではないのですが


お打ち合わせ前のLINEやメールのやりとりであったり、


お打ち合わせの時にお出迎えしてくださった瞬間の雰囲気であったり。


シッターの直感によってお打ち合わせの流れの順番を変えています。




例えばキャットカルテを作成しながらお世話の内容をきちんと提示して


納得いただいたほうがよいと判断した場合は


カルテを作成するところから始めます。



一方きちんと契約書の内容をご確認いただいてから、


個別に猫ちゃんの話をうかがったほうがよいと思った場合は、


契約書の説明から始めます。




ただし、明確な基準があるわけではなく、


シッターの直感で決めているところがあるので、


実はお客様には関係のないことかもしれませんね!




でも安心してから大事なねこちゃんをお任せいただけるように


心掛けていることの一つです。







③猫ちゃんの情報は細かく丁寧にうかがうようにしています。



見知らぬシッターに家の鍵を預けてまで、


猫ちゃんに自宅でお留守番してもらおうと決心したお客様にとって、


猫ちゃんはとても大切なご家族であることは間違いありません。



そして猫ちゃんは唯一無二の個性的な特別な存在です。


ひとりとして性格や見た目が同じ子はいません。


その子にあったお留守番プランを提案するためには、


性格や病歴など細かく色々な情報をお聞きするのは欠かせません。




お客様からすると


「え?なんでそんなことまで聞くの?」というような、


直接シッティングには関係のないことまでお聞きしています。



もちろん、ずべてを無理にお答えいただかなくても大丈夫ですよ、とお伝えしてます。


幸いよいお客様に恵まれていて、答えたくないと断られたことはありませんので


ご安心ください。



実は猫ちゃんとの出会いのきっかけなどをヒアリングしていると、


愛情たっぷりに猫ちゃんのことをお話ししてくださるお客様と


ネコ話が盛り上がって2時間経過、なんてこともあったりします♪



実はこの時間が楽しい時間でもあるんです。








以上です。




閲覧数:10回0件のコメント