top of page
  • 執筆者の写真大槻

スキンケアセミナー参加備忘録












こんにちは。


横浜市で猫専門のペットシッターをしている西谷「ねこのお世話屋」です。


いつもご覧いただきありがとうございます。




2023年1月29日に開催されたスキンケアセミナーに参加したので、


今回はその備忘録になります。



主催は横浜戸塚プリモ動物病院で、講師は青木亮獣医師でした。


ちなみに場所はユアペティア東戸塚店です。


ペットグッズなどを販売しているお店ですね。




主催の横浜戸塚プリモ動物病院さんのインスタをいつも拝見していて


特にインスタライブは面白いし、勉強になるので


シッターは勝手にファンになっており、とっても楽しみにしていました。




1時間のセミナーなのでレジュメはないのかと思っていましたが


レジュメもいただけてありがたいです。



内容としては主にわんちゃん向けですが、シッターが猫飼いであることを


お伝えしたところ、猫向けの内容も加えてくれてお話しは進みました。




まず皮膚は表面から


角質層、角化細胞層、真皮で構成されてます。


角質層と角化細胞層は、真皮を守る役割をしており、皮膚のターンオーバーは


約22日周期といわれています。



皮膚の弱い子(わんちゃん)は、角質層が薄かったり、保湿成分が少ない為


皮膚のバリアが弱く、刺激やアレルギー物質に敏感になってしまいます。




ですので、バリア機能の維持には保湿をすることが大切です。


それが皮膚病の予防にもなり、皮膚病の改善も期待できるわけです。




スキンケアの理想的な順番としては


①クレンジング


②シャンプー


③保湿


④乾燥


となります。




猫ちゃんの場合はこれをすべて通しでやるのは難しいかもしれないですね。


(シッターのできる自信がありません)



難しい場合は取り入れられるところからはじめてみてもいいかもしれません。



一度にすべてやろうとしないことがコツでもあり、大切と青木先生もおっしゃっていました。



例えばクレンジングをする時は特に脂っぽい所にクレンジング剤をも見込むようにしたら


ぬるま湯でさっと流すなど。


流すのが難しければ、濡らしたタオルで拭き取るのでもいいでしょう。




それからシャンプーは皮膚の状態に合わせて、目的にあったタイプのシャンプーを選び、


しっかりと泡立てたたっぷりの泡で洗うのが大事です。




それ以外にも保湿のコツや乾燥のコツも教えていただきました。



猫だけ飼っている人にはなじみがない話ばかりですが


とっても勉強になりました!



あと、初めて知ったのですが入浴剤というものもあり


汚れもある程度落とせ、保湿剤いらず、ドヤイヤー不要でタオルドライOK


という時間短縮できるスキンケアグッズもあるそうです。


(レジュメには気持ちよさそうに入浴剤入りのお風呂につかる


わんちゃんの写真があり、癒されました♪)







なんと最後に入浴剤とクレンジングのサンプルまでいただきました。


無料のセミナーとは思えないセミナー内容と、プレゼントに恐縮しちゃいました。




実際のセミナーの中ではわんちゃんのぬいぐるみを使って


クレンジング、シャンプーのコツを実践して見せてくれたので


普段はまったくやったことのないことなので、


すこく感心しながら拝見していました。



貴重な機会をありがとうございました。

















「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。

 ※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。


★Instagram(お留守番ねこちゃん、シッターの家のねこ)




★note(猫ちゃんの災害対策、猫ちゃんの健康管理の情報)




★YouTube(お留守番ねこちゃん、猫リテラシー、猫に関するお悩み解決)




★LINE公式アカウント @nekonoosewaya





災害対策兼用の猫ちゃん専用の手帳を販売しております。


いざという時のために、にゃんこ防災していますか?


猫ちゃんを守れるのは家族である飼い主さんだけです!








閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page