• 大槻

ねこちゃんとの暮らしで得られる効果とは?2




前回の続きになります。


シッターの考える「ねこちゃんとの暮らしで得られる効果」は以下のものです。




1、とにかくすごく癒される


2、幸福感に包まれる


3、上記によって、幸せホルモンと言われるオキシトシンが分泌される


4、上記によって、心臓病のリスクが軽減される


5、思い通りにならない存在との生活で忍耐力が身につく


6、ねこちゃんを介して家族の会話が増える、ケンカが少なくなる


7、SNSを通じてのコミュニケーションが生まれやすい



1~4についてはお話ししました。



5、について


基本的に「ねこちゃんは自由な生き物」です。


わんちゃんのように飼い主と主従関係にはなりません。


むしろ人間が猫様にお仕えしているような関係になることが多いです。




子育てと似ているところがあるかもしれませんが、


こちらの思い通りにならないので


忍耐力が身につくと思っています。



例えば、電話をしていて、静かにしてほしい時に限って大声で鳴いたり、


早朝に「お腹が減った!ごはんちょうだい!!」と起こしにきたり。。。






人間の子供なら、ある程度の年齢になれば言葉で説明すれば


理解してくれる日が来ますが


ねこちゃんにはその日は永遠にやってきません。



話し合えばわかってくれるなんてことは、まずありません。



なので、


ずっと自由きままなねこちゃんと折り合いつけていかなくてはなりません。




先ほどの電話でいえば、人間が別室に行き電話をしたり、


早朝に起こされるのは当たり前と思って、早起き生活にシフトチェンジしたり。


折り合いというよりは、人間側が折れるケースが多いですかね?




ですが6、のように


家族のコミュケーションのきっかけにもなってくれます。


自分が留守にしている間、ねこちゃんがどんなふうに過ごしていたかを


聞きたくなります。


わたしも家族に聞きます。


だいたいは「いつもどおりだよ」と返ってくるだけなんですけどね。


それでも聞かずにはいられなくなります。



そして逆に留守にしている家族に、「こんなことあったよー」と報告します。



それから、かつて修復不能なのではと思うくらいのケンカを


家族としたことがありましたが


長男ねこのレオくんがケンカはやめろと言わんばかりに


「ニャーニャー!!」と割って入って


その一生懸命な姿にクスっと笑ってしまって、


ケンカがあっさり終了したこともありました。



おしゃべりですが、たまに静かに寝る時も♪



7については、


ねこちゃんはお散歩に連れて行ったりしないので、


外で飼い主同士がコミュニケーションを取るきっかけがありません。



ですのでインスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどで


ねこちゃんの可愛い様子を掲載している方が多いです。


フォローしたり、コメントしたりをきっかけにコミュニケーションが


しすいような気がします。



実際にSNSで仲良くなった方とオフ会と称してお会いしたことも、シッターはあります。


我が家の猫達がお友達が出来るきっかけになってくれました。


これもねこちゃんとの暮らしで得られるメリットを思っています。



シッターなりの「ねこちゃんとの暮らしで得られる効果」について


2回に分けてお話ししました。



もしこの記事を読むことで、ねこちゃんとの暮らしに踏み出せる方が


いらっしゃると嬉しいです。




「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。


※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ねこちゃんの災害対策について<飼い主編>2021年版

ねこちゃんの災害対策していますか?基本編の続きとなります。 「自分の命を守らなければ、ねこちゃんの命を守れません」ので そのために何が出来るかを普段から考えてほしいです。 1.飼い主さんご本人の健康面を考える これは、以前に「ねこちゃんの健康管理より大切なこと」という記事でも お話ししていることなのですが ご自身の健康管理をすることが大切です。 例えば、大雨でご自宅が浸水する危険がある場合には、

ねこちゃんの災害対策について<基本編>2021年版

今回は災害対策の基本編です。 ねこちゃんの飼い主さんも、これからねこちゃんと暮らしたいと思っている 方にも大切なことになりますので、最後までお読みくださると嬉しいです。 1.災害対策のために知ってもらいたいこと ここ10年を振り返ると、大規模な地震も数回ありますし 大雨や台風による水害など、全国で大きな災害が起きています。 その経験をもとに、環境省では 「人とペットの災害対策ガイドライン」 を制定