• 大槻

ねこちゃんとの暮らしで得られる効果とは?1




いきなりですが、箇条書きにします。


1、とにかくすごく癒される


2、幸福感に包まれる


3、上記によって、幸せホルモンと言われるオキシトシンが分泌される


4、上記によって、心臓病のリスクが軽減される


5、思い通りにならない存在との生活で忍耐力が身につく


6、ねこちゃんを介して家族の会話が増える、ケンカが少なくなる


7、SNSを通じてのコミュニケーションが生まれやすい



細かくあげればキリがないと思いますが、思いつくだけでこれだけあります。


書籍やウェブマガジンなどでチェックすればもっともっとありますね。



もちろん逆にデメリットになるようなこともあげられますが、それは今回は割愛します!


別の機会にでも。。。




1、と2、については、ほとんど同じかもしれないですね。


というより、ほぼほぼセットだと思っています。


ねこちゃんの愛くるしい姿形は見ているだけで癒されます。


伸びをしているところ。


丸くなって寝ているところ。


香箱座りをしているところ。


毛づくろいしているところ。


ごはんを一生懸命食べているところ。





























挙げだすとキリがないので、これくらいにしますが


何をしていても、とにかくその姿がかわいらしくて癒されますよね?


トイレで無心の顔でいる時すら可愛いのですから、ねこってズルいな~


と思うことがあります♪




心がポカポカする感じがします。


触れた時のあたたかさにほんわかします。


ねこちゃんと見つめ合っていると穏やかな気持ちになります。


癒された上に幸福感に包まれます。



特に目が合っただけで、ゴロゴロと喉を鳴らされると


この上なく幸せな気持ちになりますね♪



シッターは毎日「あぁ幸せ♪」って思ってますし、実際に声に出して言ってます。




そして、3、の幸せホルモンが分泌されていると思います。



ペットとの共生推進協議会(リンクあり)


が発刊している小冊子にも記載がありますが


ペットと暮らすことによって、幸せホルモンであるオキシトシンの分泌が


より活発になるとのことがわかったそうです。



ねこちゃんと暮らしている方は「うん!」と納得されるのではないでしょうか?


ちなみに小冊子には人間と良好な関係の築けているワンちゃんも、


オキシトシンが分泌されるとあります。



ですので、きっとねこちゃんも大好きな飼い主さんと一緒にいると


オキシトシンが分泌されていると思います。


winwinの関係ですね!




そして4心臓病のリスクが減ります。心臓病にはストレスは大敵です。


オキシトシンの分泌により、ストレスの軽減が期待されます。


それにより心臓病のリスクが減るそうで、アメリカの大学の研究結果では


ペットを飼っていない人たちより、30パーセント減ったらしいです。



おそらくねこちゃんとの暮らしで穏やかに過ごせることで


血圧が安定するからなんでしょうね。



それでは長くなりましたので、続きはまた後日!




「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。


※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ねこちゃんの災害対策について<飼い主編>2021年版

ねこちゃんの災害対策していますか?基本編の続きとなります。 「自分の命を守らなければ、ねこちゃんの命を守れません」ので そのために何が出来るかを普段から考えてほしいです。 1.飼い主さんご本人の健康面を考える これは、以前に「ねこちゃんの健康管理より大切なこと」という記事でも お話ししていることなのですが ご自身の健康管理をすることが大切です。 例えば、大雨でご自宅が浸水する危険がある場合には、

ねこちゃんの災害対策について<基本編>2021年版

今回は災害対策の基本編です。 ねこちゃんの飼い主さんも、これからねこちゃんと暮らしたいと思っている 方にも大切なことになりますので、最後までお読みくださると嬉しいです。 1.災害対策のために知ってもらいたいこと ここ10年を振り返ると、大規模な地震も数回ありますし 大雨や台風による水害など、全国で大きな災害が起きています。 その経験をもとに、環境省では 「人とペットの災害対策ガイドライン」 を制定