• 大槻

ねこちゃんが喜ぶフードの選び方 1



今日はねこちゃんのごはんの選び方についてお話ししたいと思います。



皆さんは、ねこちゃんのごはんをどのように選んでいますか?


最近では小さいスーパーに行っても沢山の種類のキャットフードを目にしますよね。


大きなスーパーやホームセンターに行けば、すごい種類が所狭しと陳列しています。


どれがいいのか、迷ってしまいます。


どれも喜んでくれそうだし、気に入ってくれなさそうだし・・・笑


そんな時にどう選べばいいのかについてです。







まず、猫ちゃんの飼い主さんに知っておいてほしいことがあります。



「ペットフード安全法」をご存知ですか?(リンクあり)



詳しく内容を知りたい方は、環境省のホームページで検索してみてください。


この法律のあらましについて、わかりやすく紹介されています。




日本で流通しているキャットフードは、ペットフード協会が制定した基準を


満たした安全なものであるといえます。


食べ続けると健康を害してしまうような粗悪なフードが売られていることは


まずないのかなと思います。


ただし、海外のフードを個人輸入している場合は、ペットフード協会の検閲


を受けていないので、安全の保証はありませんので注意が必要です。



選び方についても、与え方についてもガイドラインのとおりです!


読んでおいてください!



では、つまらないですので、ガイドラインを元にシッターなりの


選び方の基準も含めてお話ししますね。



ただ、このガイドラインは本当にわかりやすくまとめられていると思いますので


ねこの飼い主さんや、これからねこを飼おうと考えている方は


一度は読んでおいてほしいなと思っています。


それから、これからお話しすることは健康なおとなのねこちゃんのフード


選びについてです。


子猫や、高齢猫、アレルギー、持病あるねこちゃんにはあてはまらないので


ご留意ください。




1.主食として「総合栄養食」を選びましょう



総合栄養食でしょ?当たり前と思う方もいらっしゃいますが、


スーパーの陳列で総合栄養食コーナーなどと大きく表示されているところは


シッターの知る限り、ほとんどありません。



なんとなくで目について、おいしそうなパッケージのものや体に良さそうなものを


選んでいる方もいらっしゃるかもしれません。


パッケージの裏面や横面にある表示を見て「総合栄養食」と表示されているものを


選びましょう。


これからは、原材料など裏面か、横面にある表示を見るようにしてください。


一般栄養食やおやつなどと表示されているものでは、必要な栄養素を


十分に摂取することができないです。


ただし、あげてはいけないということではなく、総合栄養食をメインに


コミュニケーションのひとつとしてあげてください。


例えば、沢山遊んだ後などでしょうか。


トレーニングのために利用するものありかと思います。



話を総合栄養食に戻します。


あとはおうちのねこちゃんの好みに合いそうなものを選ぶということです。


カリカリと呼ばれるドライフードが好きな子もいるでしょうし、


缶詰やパウチなどのウェットが好きな子もいるでしょう。


その子が喜んで食べるものを選びましょう。






ただしドライなのか、ウェットなのかで与え方は変わってきますので


注意してくださいね。



で、肝心な「喜んで食べるフード」がわからなくて困るんだよ、


という方もいると思います。


そういう場合は一種類にこだわらず、いろいろなフードを試して


お気に入りを見つけてあげられるといいですね。



一番悲しいのは、よかれと思って購入したフードに見向きもされなかった時ですが


そういう時はお知り合いのねこちゃん飼っている人に譲るとか、


未開封ならフリマショップで売ったりをシッターのお友達はしています。


開封してしまったものは、酸化が進みますのでもったいないですが早めに廃棄しましょう。



では、長くなりましたので、続きはまた後日!




「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。


※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。

050-5587-1712

©2019-2020 by 西谷「ねこのお世話屋」