• 大槻

【猫初心者さんへ】猫のおもちゃは消耗品です。。。





今回はこれからねこちゃんと暮らしたいと考えている方に向けてのお話しになります。




「一緒に猫と暮らしたら、おもちゃでいっぱい遊んであげたい!」


と思っている方の多いと思います。


シッター自身もそう思っていました。


ホームセンターに行っては、どういうおもちゃが売ってるのかな?


と覗いたり。



まだ見ぬ我が家の猫と遊ぶ姿を想像したり。。。


(妄想に近かったかもしれません)



アマゾンでも猫おもちゃのサーフィンしていましたね。




それぐらい楽しみにしていました。




そして家族に迎え、買ってきたひも付きの猫じゃらしで遊びました。







想像通り飛びついて跳ね回って遊んでくれています!


猫もうれしいし、私もうれしい!



そう思ったのもつかの間、おもちゃのひもはあっという間に食いちぎられました。。。


え?!



正確に時間を測ったわけではありませんが、


はじめての猫じゃらしの寿命は2~3分だったかと思います。



次に棒に直接毛虫のようなエコファーのついたじゃらしを購入し、


遊んだわけですがこちらは3日目くらいに


エコファー部分をかみちぎりただの棒になりました。



その後いろいろなタイプのおもちゃを試してはすぐ壊れることが続き、


猫のおもちゃは消耗品なんだと気づいたのです。



どうしてこのようなお話をするのかというと、


初めて猫を家族に迎える方が「こんなはずじゃなかった。。。」


がっかりしてしまうのを避けたいからです。




よかれと思って気合を入れて奮発して買ったおもちゃを秒殺されると、


心折れるかもしれません。


(実際シッターは心折れました。。。)



もう猫のおもちゃは、ティッシュペーパーなんだくらいに


思っておいてもらったほうが心が平和です。






少し極端な例えかもしれませんね。


でもそのくらいの気持ちでいると、買ったおもちゃが少し長持ちした時に


「ラッキー♪」といい方向に思えると思います。



次回もおもちゃについて知っておきたいことについてお話しします。




「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。


※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ねこちゃんの災害対策について<飼い主編>2021年版

ねこちゃんの災害対策していますか?基本編の続きとなります。 「自分の命を守らなければ、ねこちゃんの命を守れません」ので そのために何が出来るかを普段から考えてほしいです。 1.飼い主さんご本人の健康面を考える これは、以前に「ねこちゃんの健康管理より大切なこと」という記事でも お話ししていることなのですが ご自身の健康管理をすることが大切です。 例えば、大雨でご自宅が浸水する危険がある場合には、

ねこちゃんの災害対策について<基本編>2021年版

今回は災害対策の基本編です。 ねこちゃんの飼い主さんも、これからねこちゃんと暮らしたいと思っている 方にも大切なことになりますので、最後までお読みくださると嬉しいです。 1.災害対策のために知ってもらいたいこと ここ10年を振り返ると、大規模な地震も数回ありますし 大雨や台風による水害など、全国で大きな災害が起きています。 その経験をもとに、環境省では 「人とペットの災害対策ガイドライン」 を制定