• 大槻

【猫初心者さんへ】猫のおもちゃはすぐに飽きられます。。。





本日は前回の続きで、ねこちゃんのおもちゃについてです。


悲しいお知らせが続きますが、


おもちゃは割と早い段階で飽きられることが多いです。




これはもちろんねこちゃんの性格にもよります。


お気に入りのおもちゃは「これだ!」と決めたらそれだけで遊ぶねこちゃんもいます。




でもキャットシッターという仕事柄、


沢山のねこちゃんと遊んできましたが、


多くのねこちゃんがおもちゃに飽きてしまう傾向があるように感じています








もしこれからねこちゃんを家族に迎えるご予定のある方には、


そのことを知っておいていただいたほうがよいのかな?と思います。



気合を入れて買ったおもちゃを最初は喜んで遊んでくれてたのに、


しばらくしたら見向きもしなくなって落ち込むのは悲しいことです。



「おもちゃは飽きられてしまうもの」


だと認識していたほうが心が平和です。



これは以前セミナーを受講したことのあるトレーナーの方が


お話ししてくださった教えてくださったアイデアですが、


「おもちゃローテーション」で対策するのがよいですね。


何個か遊んでくれるおもちゃを見つけて、


それらを一度に出して遊ぶのではなく、ローテーションさせるのです






例えば遊んでくれるおもちゃがA、B、Cと3つあったとしましょう。



ある週はAだけで遊び、BとCはしまっておく。


次の週はBだけで遊び、AとCはしまっておく。


そしてさらに次の週はCだけで遊び、AとBはしまっておく。



そうすると2週間遊ばなかったAのおもちゃは、


まるで初めてのおもちゃのような新鮮さで遊んでくれるようになります。



このローテーションの頻度はねこちゃんの飽き具合によって、


1週間ではなく、3日ごと、10日ごと、2週間ごとなど変わってきます。



そろそろ飽きてきそうだなというサインが見えてきたら、


おもちゃを替えるでもいいと思います。



もちろん飽きそうになく、ずっと遊んでくれそうなら


わざわざローテーションしなくてもいいでしょう。




とりあえず「ねこは気まぐれ」とよく言われる通りなので、


おもちゃにも飽きてしまうことがあるよ、ということだけ


頭の片隅に置いてくだされば嬉しいです。





「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。


※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ねこちゃんの災害対策について<飼い主編>2021年版

ねこちゃんの災害対策していますか?基本編の続きとなります。 「自分の命を守らなければ、ねこちゃんの命を守れません」ので そのために何が出来るかを普段から考えてほしいです。 1.飼い主さんご本人の健康面を考える これは、以前に「ねこちゃんの健康管理より大切なこと」という記事でも お話ししていることなのですが ご自身の健康管理をすることが大切です。 例えば、大雨でご自宅が浸水する危険がある場合には、

ねこちゃんの災害対策について<基本編>2021年版

今回は災害対策の基本編です。 ねこちゃんの飼い主さんも、これからねこちゃんと暮らしたいと思っている 方にも大切なことになりますので、最後までお読みくださると嬉しいです。 1.災害対策のために知ってもらいたいこと ここ10年を振り返ると、大規模な地震も数回ありますし 大雨や台風による水害など、全国で大きな災害が起きています。 その経験をもとに、環境省では 「人とペットの災害対策ガイドライン」 を制定