top of page
  • 大槻

「猫セミナー~大切なこと、知っていますか?」~横浜市動物愛護センター猫セミナー備忘録~③








こんにちは。


横浜市で猫専門のペットシッターをしている西谷「ねこのお世話屋」です。


いつもご覧いただきありがとうございます。










今回は2022年12月8日に開催された、横浜市動物愛護センター主催の


猫セミナーに参加した備忘録になります。



そして前回の続きになります。前回の内容は↓よりご確認いただけます。



「猫セミナー~大切なこと、知っていますか?」~横浜市動物愛護センター猫セミナー備忘録~①


「猫セミナー~大切なこと、知っていますか?」~横浜市動物愛護センター猫セミナー備忘録~②





◎腎臓病のはなし



猫を飼っている人ならよく聞く猫の腎臓病


そもそも腎臓はどういう仕事をする臓器なのでしょうか?



①体の中の、いらないものを捨てる


②体の水分を一定に保つ


③血液を作るお手伝いをする


④カルシウムを吸収するお手伝いをする



どれもとても重要な仕事ですね。




ですので、腎臓が働かなくなってしまうと


✕食欲が落ちたり


✕嘔吐、下痢になったり


✕脱水症状になったり


✕便秘になったり


✕貧血になったり


✕骨がもらくなったり


体にとってよくないことばかり起きてしまいます。



しかも腎臓は一度悪くなると、治らない、一生使い続ける消耗品と同じです。


さらに異変に気付くころにはかなり進行しているケースがほとんどです。



そうならないためには早期発見が大事。



腎臓のためにできることは


①新鮮なお水をいつでも飲めるようにする


②トイレをきれいにして、いつでも気持ちよくオシッコできるようにする


③ウェットフードに水を混ぜる


④体重・食欲・院水量をチェックする


⑤定期健診で血液検査を受ける


などがあります。










◎デンタルケアは大事



猫は虫歯にはなりにくいですが、歯周病にはなりやすい動物です。



しかも歯周病になると、腎臓病に3年早くなってしまう



という研究結果もあるそうです。



3年は猫でいうと12歳も早く腎臓病になるリスクがあるということです。



それを避けるためには、歯周病にならないように


デンタルケアする


ことが大切だということがわかりますね。




猫のデンタルケアの目的は


歯の表面のぬめりをとること。



歯ブラシをするなら、エナメル質を削らないように力をかけないこと。



今は沢山のデンタルケアグッズがあるので、おうちの猫ちゃんに合ったものを


選んであげましょう。






ということで猫セミナーの備忘録は以上です。


セミナーに参加していない方にもわかりやすく書いたつもりですが


この記事を読んでくれた方に大切なことが伝わると嬉しいです。










「ねこちゃんとねこちゃんと暮らしている方の幸せを願って」います。

この記事がお役に立てるなら嬉しいです!

シェア歓迎です!どうぞよろしくお願いいたします。

 ※掲載している写真などは西谷ねこのお世話屋が撮影したものか、

写真ACサイトより、著作権フリーの画像をダウンロードしたものです。


★Instagram(お留守番ねこちゃん、シッターの家のねこ)

https://www.instagram.com/miho_catlover/


★ブログ(シッターについて全般=猫限定の雑記ブログ?)

https://www.nishiya-nekonoosewaya.com/blog


★アメブロ(猫に関する偉人の言葉など)

https://ameblo.jp/nishiyaneko/


★YouTube(お留守番ねこちゃん、猫リテラシー、猫に関するお悩み解決)

https://www.youtube.com/channel/UCONLrih01QwnVq_td7pwHTQ?sub_confirmation=1


★LINE公式アカウント @nekonoosewaya

https://lin.ee/ZD5wOwj







災害対策兼用の猫ちゃん専用の手帳を販売しております。


いざという時のために、にゃんこ防災していますか?


猫ちゃんを守れるのは家族である飼い主さんだけです!








閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page